パチンコ・パチスロを一日中打って負けたときの虚しさとやるせなさがやばい!勝てなきゃただの時間とお金の無駄だ。
2017年06月07日

パチンコ・パチスロを一日中打って負けたときの虚しさとやるせなさがやばい!勝てなきゃただの時間とお金の無駄だ。

パチンコ・パチスロを一日中打って負けたときの虚しさとやるせなさがやばい!
勝てなきゃただの時間とお金の無駄だ。







パチンコ・パチスロって勝った時には全く思わないですが、負けたときは「時間」と「お金」が相当無駄だったなと感じますよね?
特に朝から晩まで打って5万負けたり10万負けたりすると、もう気分は最悪です。
皆さんも経験あることでしょう!

まさにこの画像のような気分です。スラムダンクのみっちー並みの後悔をするはずですw
なぜ無駄な時間を.jpg

その時間とお金があったら何ができただろう?
・海外旅行にも行けた〜
・欲しいものがたくさん買えた〜
・おいしいごはんが何回も食べれた〜
・友達と贅沢に遊べた〜

・・・

でも、勝った時はたった一日で、たった数時間で5万も10万も勝って超気分良いですよね?
その良い思い出のせいで僕たちパチンコ・パチスロ依存症のユーザーは何度もパチ屋へ足を運んでしまうわけです。

もちろんトータルでプラスな人も中にはいるはずなので、そういう人たちは生活のために意図的に足を運んでいるのでこのような感情はないかもしれません。
ただ99%のユーザーは良い記憶の誘惑に負けてついついホールへ出向きます。


◆理屈では負けるとわかっているのになぜパチンコ・パチスロはやめられないのか?
そう。中毒性があるからです。やめたいのにやめられないのは完全に依存症です!

自分自身も何度もパチンコ・パチスロをやめようと思いましたが、結局気づいたらパチ屋に向かってますw
パチンコ・パチスロ歴は10年近くになりましたが、
過去10年間で100回以上は
もう二度と打たない。絶対にやめる」と決意しただろうw

最大で半年間くらい打たずに耐えたことがありますがが、結局何かのきっかけで一度打つとまた前のように頻繁に打ってしまうようになりますw

不思議なもので1か月くらい打つのをやめているとパチンコ・パチスロを毎日のようにやっていた生活が嘘のような感覚になります。
3か月〜半年くらい経つと、パチ屋の横を通っても何とも思わないというか、なんであんなにムキになってバカみたいに打っていたんだろうと思うようになります。

しかし、誘惑は常にあるわけで、
例えば友達が久しぶりにパチンコ・パチスロに行こうと誘ってきたり、仕事や家庭のことでストレスが蓄積したときにふと行きたくなったり・・・

その誘惑に一度でも負けてホールに行ってしまうと、今までの我慢がすべてパーになります。
一気に昔の感覚に脳が切り替わってしまって、また毎日のように行きたくなります。
本当あの感覚は不思議ですw
自分で感覚をコントロールしているようでできてない証だと思いますw


まあ、結論として自分は、パチンコ・パチスロが大好きなんだなと最近わかりましたw
旅行や買い物、スポーツしたり友達と遊ぶのも好きですが、
結局、ちょっとした時間で一人でふら〜っと行って楽しめるのが一番なのかもしれません。

しかも、場合によっては楽しんだ上にお金が増える!
⇒これが一番やめられない理由です。
ゲーセンのように勝ったところでお金にならないのであれば全く行こうとは思いません。
やはり、ちょっとした時間で10万〜20万円増えるかもという期待感が中毒になってますw

その反面、負けたときは冒頭で述べたような死にたい気分になるんですけどねw
負けることは10年間経験してきてもいまだに慣れませんねw

皆さんはどうですか〜??




posted by 依存症 at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ